忍者ブログ

明日になれば~

化粧品のお買い得情報などをまとめています

ミディアムスケールのギターを発売して欲しい フェンダージャパンSTM60

エレキギターというと最初にストラトキャスターを連想する人も多いかと思います。
エレキギターに興味のない人でも見たことはあるはずです。
ストラトキャスターは米国のフェンダー社のエレキギターです。
でも日本で作られているフェンダーのギターもありました。
今でもあるでしょう。
フェンダーUSAに対してフェンダーJapanというブランドです。
日本製の方が性能や仕上がりが良くて米国でも日本製の方が評価が高かった時期がありました。
米国のフェンダー社が日本の製造会社に製造方法などを研修しに来たぐらいです。
今でも中古ギターならFender Japanブランドの方が値段が高かったりします。
ちなみに評価が高かった当時、フェンダーJapanのギターを作っていたのは富士弦楽器製造という会社です。
現在はフジゲンという会社です。
私が持っているのはフェンダージャパンのSTM60です。
これは伝説のギタリストであるドクターシ-ゲルこと成毛滋さんがギター講座のラジオ番組「パープルエキスプレス」で紹介していたギターです。
ドクターシ-ゲル成毛さんが企画に携わっていたと思います。
ミディアムスケールのギターは珍しいのでもし壊れたらどうしようかと大事に使っています。
そろそろフレットが減ってきました。
修理をするとなるとかなりの費用がかかりそうです。
新しいギターを買った方が良いのではないかと思えるぐらいかかると思います。
フェンダーがミディアムスケールのギターを作ってくれないかな。

拍手

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

注目!



ホグロフス
スポーツ・アウトドア・ファッション
ホグロフスオンラインストア
Copyright ©  -- 明日になれば~ --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by Claudia35 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]